Ayako's life (阿矢子の独り言)

海外移住:見えた日本 見えなかった日本 海外の現実 学び 日常のつぶやき

84 中東トルコのフェリーから いつかは... with love

 

こんにちは あ~やです

 

 

新しい週が始まり7月最後の(月)です

 

今年も後半 

 

悔いのない一年にしたいですね

 

あ~やは 今年になりやっと 

自分らしくスタートが出来る

年になってきたように思います

f:id:Ayako28:20170723022630j:plain

 

トルコのミニフェリー

 

 

ここに来て 過去数年間本当に

大変な年月でした...

 

病気1つした事の無いような人が

医者 救急車 薬店  そして度重なる

 

トラブルに巻き込まれ警察沙汰と

本当に踏んだり蹴ったりの年月でした

 

日本の友に連絡したくても

日本で使用していた連絡先とは

変わってしまうため

 

トルコで所得した電話番号や

パソコンからのメールは

 

日本の携帯では 殆ど拒否設定

されていたりして こちらからの

f:id:Ayako28:20170723022630j:plain

何度もここから日本を想った.

 

この改札口が成田や羽田や

 

関西空港につながって

 

ほしいと思った....

f:id:Ayako28:20170723022501j:plain

 

 

 

この空は6時間前には日本に

あったのかなと思った...

 

f:id:Ayako28:20170723022726j:plain

連絡もエラ-になり連絡もできない

きっと その状況さえ今でも日本の

友人知人達は解っていないと思う

 

彼らは逆にあ~やが連絡1つして

来ないとは水くさいと感じているだろう

 

こういう時 まだ閉鎖的な要素がある

日本だからこそ 安全な部分もあり

 

島国だからこそ成り立つ

システムでもあるかなと感じる....

 

f:id:Ayako28:20170723022745j:plain

よい悪いを述べてない

特徴という意味 大変な時代に

 

とても良くしてもらった 日本の

仲間や様々な方々にまだまだ

 

借りが返せていないし そして  

恩返しがしたいけど....

 

あまりにもハ-ドな日常であった為

先ずは救急車に運ばれようが...

生き延びる事

 

そして回りにも 近くの街にも

市にも日本人が日本語が全くない

 

状況で今を乗りきるそれが

精一杯の数年でした

 

フェリー内売店

f:id:Ayako28:20170723022904j:plain

よくまぁ..すぐに泣き言いって

帰国しなかったと 我ながら思うけど

 

帰れる家が無いから

選択権などなくて 日本の仲間にも

 

さっき話した状況で連絡も取れない

愚痴も云えない ただ 嵐が過ぎるのを

 

耐えて踏ん張るしかない

それだけだった

 

あれから数年やっと今年になり

歩き出せるようになった 

 

今からが やっと自分らしく

勝負していける時期なんだと思う

 

自分が選んだ道を貫くというのは

目に見えない大きなものを

失う現実が背中合わせにある

 

情と非情それは しっかりと

我が身に羽返ってくる

 

借りをかえすには ここからでは

道程が長いけど 足腰立たなく

なるまでには

 

支え助けてくれた人に

恩も義理も綺麗に

お返しできていたいなぁ ...  

f:id:Ayako28:20170723022808j:plain

まだまだ へばる訳には行かない....

沢山の人々に支えて貰った事

忘れてないから

 

今頑張る希望が持てるのも

そういう方々がのお陰でもある

 

海外で暮らして こてんぱに

凹まされたとしても

 

起きるしかなくて.誰も甘い言葉は

掛けてくれない

 

這い上がるしか選択がないって事を

教えてもらったと思います

最初に辛い思いをすれば

後が楽です... 

 

だからきっと今から明るい前しか

ないと思って前進有るのみ

 

今週も頑張ろうっと

いてこますぞ.... わははは

 

いつも有難うございます

 with love

 ☆11:30am『早朝間違い電話』

お届け予定です

気まぐれお散歩にでもどうぞ!!